2007年中国国際福祉博覧会

2007年中国国際福祉博覧会


「中国国際福祉博覧会」高齢者・障害者用品用具博覧会 現在、中国では高齢者1.44億人、障害者6千万人と公表されています。経済発展に伴い、高齢者・障害者の自立意識も強まり、生活・就業環境の変化がさらに彼らの関連サポート用具・施設の需要を高めています。
そんな中、今回中国初の国家レベルでの福祉博覧会が開催されます。
当日の入場者は政府関係者1万人、施設関係者5万人、エンドユーザー9万人と15万人以上の来場者が予想されています。
また、2008年の北京オリンピックを控え、世界各地から健常者はもちろん、高齢者・障害者も大勢訪中する事が予想され、福祉用具の充実、インフラ設備の構築は大きな課題となるとともに、よりいっそう市場の潜在能力を高めるきっかけとなっています。


開催概要 会  期: 2007年5月4日(金)〜7日(月)「4日間」
会  場: 中国国際展覧会中心(北京)
主  催: 中国障害者連合会
中国構成者協会
共  催: 北京オリンピック組織委員会パラリンピック部
実施期間: 中国国際福祉博覧会 日本事務局
株式会社 国際マーケティングサービス(IMS)

〒104-0041
東京都中央区新富1-2-13 OXSONビル6F
TEL:03-3555-0555
FAX:03-3555-3222

北京賽魯斯市場策劃有限公司(SMC)
開催形式: 展示・フォーラム及びセミナー


中国初!!国家レベルの中国国際福祉博覧会ここが違う…

中国全土が注目するイベント

  • 18の中央政府関連部門がバックアップ
  • メディアや大衆が注目

Chance1
企業のイメージアップ・CSR・商品をPRする

開催事全国から関係者が集まる

  • 中央や地方政府部門関係者
  • 老人ホーム、リハビリセンターなど福祉施設関係者
  • 購買、代理店などマーケティング関係者
  • 身障者、高齢者とその家族など消費者
Chance2
市場開拓・情報収集

福祉事業発展の時期到来

  • 市場…供給より需要がはるかに大きい
  • 5000億人民元の市場が未開発
    ⇒ 今後30年も継続的に成長する見込み
  • 消費能力…対象人口数2億人
    ⇒年間660万の増加は15年も続く見込み
  • 政策環境…政府は援助、免税政策を推進
  • インフラ整備、福祉施設の増設が急増する見込み
Chance3
長期的な発展が見込まれる、潜在力のある市場へ進出する
Powered by Movable Type Pro