2017中国国際福祉機器産業・サービス博覧会/
  2017中国国際情報社会福祉博覧会

2017中国国際福祉機器産業・サービス博覧会 /
  2017中国国際情報社会福祉博覧会 のご案内

博覧会概要

 本博覧会は中国政府の最新福祉政策に基づく福祉・医療・介護・ICT機器及びサービスの総合展です。

 2016年10月、中国は初めて福祉機器産業を重要発展分野と決定、中央政府より福祉機器産業の加速的発展の方針を発令し、2017年1月に民政部と国家発展・改革委員会が主導で計24政府部門が連携して福祉政策を遂行する新体制が始動しました。

 中央政府の意向を受け、福祉機器産業の加速発展を実現するため、新体制の主導部門の直属機関の共催により福祉専門博覧会を開催します。最新政策の情報共有、業界関係者のマッチング、販売や交流の促進、福祉機器の普及や認知度拡大、新商品開発の促進といった重要な役割を持ちます。そのためいち早く貴社のサービス・商品を直接売り込むことができる絶好の機会です!

 中国への進出を検討されている企業様または既に進出されていて中国ビジネスの拡大を目指す企業様はぜひご参加ください。またお気軽にご相談もお待ちしております。


 

名  称 2017中国国際福祉機器産業・サービス博覧会 /
2017中国国際情報社会福祉博覧会
(中国国際医療施設用福祉機器、介護施設用福祉機器、高齢者・障害者・傷病者の福祉機器及び用品用具、産業技術及びサービス、材料及び部品、アフターサービス及びメンテナンス、保険適用の福祉機器及び用品用具、リハビリ及び介護の人材教育、医療介護産業、介護サービス博覧会)
主  催 国家リハビリ補助具研究センター(中華人民共和国民政部直属機関)
国家情報センター(中華人民共和国国家発展・改革委員会直属機関)
後  援 中国リハビリ補助器具協会、中国高齢大学協会など関連機関
運  営 安莫思(北京)市場策劃有限公司
協  力 株式会社国際マーケティングサービス(東京)
会  場 北京・中国国際展覧センター本館7号館、8A号館、8B号館
会  期 2017年10月16(月)~18(水)
開催形式 展示、フォーラム及びセミナー
来場者数 約10万人(見込み)
主要来場者 中央及び地方政府行政関係者、高齢者・障害者事業関連協会及び学会関係者、福祉機器及び関連部品材料の製造販売企業・商社、福祉施設・団体の運営管理者及び関係者、在宅サービス事業者、ドラッグストア・レンタル事業者、住宅設備・リフォーム関係者、建築・設計関係者、病院・施設経営者及び事務関係者、医療従事者(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、保健師、管理栄養士など)、介護従事者、研究機関、福祉教育関連機関・学校などの職員・学生・関係者、フィットネスクラブなど健康関連企業・団体、ボランティア団体、その他一般を含む福祉関係者

 

出展申込

出展範囲 高齢者と障害者用補助器具、施設用リハビリ機器及び用品用具、関連生産設備及び技術関連部品、特殊教育学校用設備、介護施設及び医療介護産業・関連サービス、リハビリテーション及び医療技術、保険適用の補助器具及び用品用具、高齢者用健康用品、福祉車両、移動機器及び移動補助製品、入浴補助機器、トイレ設備、除菌・抗菌製品、介護関連用品、介護食品、リハビリ訓練機器、義肢・装具、排泄ケア・オムツ関連用品、住宅・施設向けバリアフリー関連製品及び設備、昇降機・リフト、ベッド・マット関連用品、衣類・着脱衣補助用品、コミュニケーション機器、見守り支援システム、緊急警報・セキュリティ・施設防災関連、施設用顧客管理ソフト、視覚・聴覚障害者用品、リハビリ・介護用ロボット、まちづくり・交通バリアフリー関連、リフォーム関連事業、レンタルサービス事業、レクリエーション用品、高齢者向け住宅、施設の運営管理及び人材育成、在宅医療・在宅看護関連機器・サービス、その他介護・リハビリ・福祉に関する機器・情報・サービス
出展資格 介護・リハビリ・福祉機器の設計・製造・販売企業及び研究機関、福祉関連協会及び団体、医療機関、介護施設、リハビリテーションセンター、特別教育学校及び機関、リハビリ・介護の大学及び専門学校、保険会社及び機関、医療機関・福祉施設の運営及び人材教育のコンサル業者、レンタルサービス事業者、出版社、ボランティア団体、関連政府機関など
出展料金

■展示ブース

A. 標準ブース 9m² (1小間:間口3m×奥行3m)  RMB19,980

基礎パネル・基本装備・設備付きのタイプです。

1小間の仕様:

パーテーション(三方・H2.5m)、カーペット、社名板1枚(英語/中国語)、 受付カウンター1台、折たたみ椅子2脚、標準照明(スポットライト40W)2灯、 コンセント (単相220V5A)1個、ゴミ箱1個

※角小間の場合は通路に面する側壁は設置されません。
※会場の運営上、1小間あたり9㎡を基本として、特殊寸法になることがあります。
※什器や照明など装備の追加は別途でレンタルすることが出来ます。

B. ロースペース (36m²以上の場合に限る)  RMB1,900/m²

自社装飾する場合のタイプです。
スペースのみで、基礎パネルなどの基本装備や備品などは一切含まれておりません。

プレゼンテーションセミナー

時 間:博覧会期間中、90分/1テーマ
場 所:中国国際展覧センター会議室
テーマ:主催者が各自で決める
参加者:自由参加
費 用:RMB5,000

申込
締切日

2017年7月16日(日)

(※先着順、満小間になり次第締切ります)

出展費用
の支払い

◆支払方法:請求書に記載されている期日までに出展料金全額を事務局指定の口座へお振込み下さい。

◆振り込み先:事務局指定の日本国内口座。詳細は請求書にてご案内いたします。

◆出展申込(展示&セミナー)のキャンセル:出展申込後、申込内容の一部または全部を取消す場合は、下記の通りにキャンセル料が発生します。詳細について、出展申込書の出展規定をご参照下さい。なお、解約日は事務局が出展者からの取消通知書面を受領した日を基準とします。

  • 2017年7月16日まで   出展料の  40%
  • 2017年7月16日以降   出展料の100%
出展メリット

①最新福祉政策の新体制への企業PR、ネットワーク作りのチャンス!
福祉政策を統括する部門の関係者が本博覧会に多数来場予定、普段中々会えない、影響力の大きい政府関係者と直接交流することで、貴社の商品やサービスをPRすることはもちろん、ネットワーク(人脈)構築のきっかけをつくり、またその場でヒアリングできるので今後の活動に重要な情報を得ることが出来ます。

②最新の福祉政策に合った中国販売ルートを確保出来る!
最新福祉政策には福祉産業の合理化、関連法律の完備、人材育成の強化、労災や医療保険の改善、新商品の研究開発補助、豊富な商品やサービスの供給及び品質管理の強化、企業への税収優遇政策や融資の促進、海外企業との合作及び国際協力の強化などが予定されています。本博覧会は業界のネットワーク構築のための情報収集及び販売ルートの確保にとても有効です。

③全国より福祉関係者が来場、広範囲の情報発信が可能!
新政策始動の関係もあり全国的な会議やフォーラムなども同時開催する予定、全国の福祉関係者が来場します。実際に商品・サービスを利用する企業、施設、機関及び個人消費者など多くの来場者向けに販促活動が可能です。またエンドユーザーに直接声を聞くことで、今後の商品開発の方向性に関しての情報収集や商品認知度の向上にも効果的です。

④新規顧客開拓に繋げる!
今後の中国福祉産業の加速発展に合わせて、保険、投資、医療、教育、建築、貿易、製造業から新規に福祉産業への参入を目指している企業の増加が予測されています。本博覧会はその新規参入を目指している企業にも積極的に情報を発信、集客しており、新規顧客開拓のチャンスを広げられます。

⑤10年以上の実績とデータベースからなる集客力!
本博覧会の事務局は中国福祉分野で10年以上の国際博覧会の経験と実績があります。その長年に渡り構築した豊富なデータベースから政府機関や福祉産業業界の関係者を集客しているので、受注に繋がりやすいユーザーへ直接アプローチが出来ます。

 

申込&問合せ

2017中国国際福祉機器産業・サービス博覧会 /
2017中国国際情報社会福祉博覧会 日本事務局

株式会社国際マーケティングサービス(IMS)
〒104-0041 東京都中央区新富1-6-12 新富アネックスビル3F
TEL:03-3555-0555 FAX:03-3555-3222
担当者:鈴木、草島
Email:crexpo@ims-aaa.com

»出展申込書ダウンロード(PDF形式約217KB)】

Powered by Movable Type Pro