中国市場リサーチ・イベント展示会の企画運営・中国国際福祉博覧会事務局のIMS 株式会社 国際マーケティングサービス オフィシャルWEBサイト
 

バックナンバーの最新記事

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層(3)>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

◆中国人の消費観念の特徴 政府更なる消費刺激

20世紀80年代当時、中国改革開放の初期であり、一部先行裕福を実現した人は「お金を貯金に」のだけではなく、生活を楽しむための消費が増えつつあった。当時には、従来の「余裕があれば貯金せよ」との固有観念が、「能そう会花」(たくさん稼いで上手に使うとの意味)の消費パターンに取って代わられ始めた。

90年代入り、「能そう会花」が流行語になるほどはやり、収入を増やして積極手に消費する事が人生の楽しみの一つとされ、人々の経済面での新しいビジョンになっていた。50年代の「祖国建設の為の倹約」の道徳ステータスから、90年代になると、「いい家、いい車を持つほど国への貢献度が高い」と皮肉のニュアンスが含まれながらも価値観の変貌振りを見せていた。

経済急成長から生まれた消費の急成長が人々の想像より遥かに超え、信じ難いほどの市場潜在力が示された。通信分野の例である。中国国家統計局の発表によると、1998年中国では携帯電話の総数が約1万台だった。当時は2000年に80万台まで伸びると予測されたが、しかし実際2000年の実績は8700万台で、予測より100倍の大幅増となり政府関係部門や企業を大いに驚かせた。

「人が持っていたら、うちも買おう」という中国人古来の「面子消費」の要素が予測当時に入れかねただろう。実際、2005年末までの販売総台数は既に3.9億台に達成、そして今年は4億台になる見通しである。

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層(3)>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

◆中国人の消費観念の特徴 政府更なる消費刺激

20世紀80年代当時、中国改革開放の初期であり、一部先行裕福を実現した人は「お金を貯金に」のだけではなく、生活を楽しむための消費が増えつつあった。当時には、従来の「余裕があれば貯金せよ」との固有観念が、「能そう会花」(たくさん稼いで上手に使うとの意味)の消費パターンに取って代わられ始めた。

90年代入り、「能そう会花」が流行語になるほどはやり、収入を増やして積極手に消費する事が人生の楽しみの一つとされ、人々の経済面での新しいビジョンになっていた。50年代の「祖国建設の為の倹約」の道徳ステータスから、90年代になると、「いい家、いい車を持つほど国への貢献度が高い」と皮肉のニュアンスが含まれながらも価値観の変貌振りを見せていた。

経済急成長から生まれた消費の急成長が人々の想像より遥かに超え、信じ難いほどの市場潜在力が示された。通信分野の例である。中国国家統計局の発表によると、1998年中国では携帯電話の総数が約1万台だった。当時は2000年に80万台まで伸びると予測されたが、しかし実際2000年の実績は8700万台で、予測より100倍の大幅増となり政府関係部門や企業を大いに驚かせた。

「人が持っていたら、うちも買おう」という中国人古来の「面子消費」の要素が予測当時に入れかねただろう。実際、2005年末までの販売総台数は既に3.9億台に達成、そして今年は4億台になる見通しである。

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層(2)>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

◆高収入層の恐るべし消費力

中国では一人当たり可処分所得によって、都市部家庭は「冨有、富裕、小康、温飽、貧困」の五つに分けられている。「小康」(豊かレベルまで及ばずながらゆとりある生活)層が約50%を占める。「富裕」&「富有」の家庭は10%超を占め、これらの人は所謂中国の「裕福層」である。

今年の8月30日に、「中国財富管理フォーラム」で披露された情報によると、金融資産10万ドル以上の中国家庭は300万超、そのうち、100万ドル以上の家庭は30万ある。これらの家庭は中国でも最も財産を持っており、「富有」層に当てはまる。

2004年、裕福層(富有層&裕福層)の家庭流動資産総額が8250億ドル、この数字は2009年に1.606万億ドルまで倍増と予測されている。「小康」層も割合50%多数によって、大衆消費の重要な力量である。実際、裕福層及び「小康」は脅威的な消費力を示している。

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層(2)>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

◆高収入層の恐るべし消費力

中国では一人当たり可処分所得によって、都市部家庭は「冨有、富裕、小康、温飽、貧困」の五つに分けられている。「小康」(豊かレベルまで及ばずながらゆとりある生活)層が約50%を占める。「富裕」&「富有」の家庭は10%超を占め、これらの人は所謂中国の「裕福層」である。

今年の8月30日に、「中国財富管理フォーラム」で披露された情報によると、金融資産10万ドル以上の中国家庭は300万超、そのうち、100万ドル以上の家庭は30万ある。これらの家庭は中国でも最も財産を持っており、「富有」層に当てはまる。

2004年、裕福層(富有層&裕福層)の家庭流動資産総額が8250億ドル、この数字は2009年に1.606万億ドルまで倍増と予測されている。「小康」層も割合50%多数によって、大衆消費の重要な力量である。実際、裕福層及び「小康」は脅威的な消費力を示している。

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

2006年現在、中国の高齢者人口は1.45億(最新データ)、20世紀90年代以来、平均年3.3%のスピードで増えつづけ、世界人口平均増加率の2.5%を大幅に上回っている。2020年に2億4800万人に達すると予測され、高齢者社会の急進が注目されている。高齢者人口の膨張に伴い需要も急増しつつ、史上最大の中国高齢者市場が形成された。

しかし、巨大市場の需要と対照的に福祉専門機器の欠乏、養老施設の不足などの問題が際立ち、これまで中国国内では生産技術や事業展開のノウハウがないため、供給能力が備えず高齢者市場の未開地状態が続き、少なくともここ10年の間に外国製品に頼ると見込まれている。

これに対し、中国政府が今春スタートした「第11次5カ年計画」において、「調和の取れた社会」を構築する為、福祉事業を突破口としており、福祉機器の輸入では関税、販売上では増値税の免除や、養老施設の外貨導入に対し、土地取得や貸付の面などで、優遇政策を施している。

2006年(平成18年)11月17日(木)
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国、ターゲットはズバリ!高齢者&高・中収入層>>
〜高齢者市場購買力の分析〜

2006年現在、中国の高齢者人口は1.45億(最新データ)、20世紀90年代以来、平均年3.3%のスピードで増えつづけ、世界人口平均増加率の2.5%を大幅に上回っている。2020年に2億4800万人に達すると予測され、高齢者社会の急進が注目されている。高齢者人口の膨張に伴い需要も急増しつつ、史上最大の中国高齢者市場が形成された。

しかし、巨大市場の需要と対照的に福祉専門機器の欠乏、養老施設の不足などの問題が際立ち、これまで中国国内では生産技術や事業展開のノウハウがないため、供給能力が備えず高齢者市場の未開地状態が続き、少なくともここ10年の間に外国製品に頼ると見込まれている。

これに対し、中国政府が今春スタートした「第11次5カ年計画」において、「調和の取れた社会」を構築する為、福祉事業を突破口としており、福祉機器の輸入では関税、販売上では増値税の免除や、養老施設の外貨導入に対し、土地取得や貸付の面などで、優遇政策を施している。

2006年(平成18年)9月28日(木)

<<国際福祉博覧会(C&R EXPO CHINA 2007)>>
「福祉博覧会説明」及び
中国高齢者協会・身体障害者連合会幹部による中国福祉事情説明会の開催

来年5月に北京で開催される【中国国際福祉博覧会 C&R EXPO CHINA 2007】の出展説明会のために中国高齢者協会及び中国身体障害者連合会の幹部が来日し、下記日程で説明会を行い、中国の福祉の現状と展望ならびに展示会の概要についての説明会を行う事になりました。
当日は質疑応答の時間を設け、中国市場に関する情報収集・交流の場になるものとおもわれます。

2006年(平成18年)9月28日(木)

<<国際福祉博覧会(C&R EXPO CHINA 2007)>>
「福祉博覧会説明」及び
中国高齢者協会・身体障害者連合会幹部による中国福祉事情説明会の開催

来年5月に北京で開催される【中国国際福祉博覧会 C&R EXPO CHINA 2007】の出展説明会のために中国高齢者協会及び中国身体障害者連合会の幹部が来日し、下記日程で説明会を行い、中国の福祉の現状と展望ならびに展示会の概要についての説明会を行う事になりました。
当日は質疑応答の時間を設け、中国市場に関する情報収集・交流の場になるものとおもわれます。

「親孝行の国」中国

2006年(平成18年)9月18日(月)日刊工業新聞 中国・アジア「私はこうみる」
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国>>

敬老精神、競って消費

今月18日は敬老の日。日本と同様に、中国も伝統的に「敬老」が美徳とされてきた。いま中国の60歳以上の高齢者人口1億4500万人のうち「裕福高齢者層」が存在するが、中国人の敬老精神が支えている面も大きい。
というのは、ちょうど現在中国の高収入層の主な年齢層は30〜50代に集中し、その親は60〜80代の高齢者。自分の事業や仕事に専念する為、親への日常の「孝行」投資にはお金を惜しまない。中国ではいくらお金持ちになっても親孝行ができていない人は人々に尊敬されず社会的名誉や地位が築けない。人によっては孝行への投資は、自分の名誉と地位への投資といっても過言ではない。

「親孝行の国」中国

2006年(平成18年)9月18日(月)日刊工業新聞 中国・アジア「私はこうみる」
レポート・楊軍(ヤン・ジュン)
海外窓口担当:国際マーケティングサービス「中国国際福祉博覧会」 (TEL03-3555-0555)

<<「親孝行の国」中国>>

敬老精神、競って消費

今月18日は敬老の日。日本と同様に、中国も伝統的に「敬老」が美徳とされてきた。いま中国の60歳以上の高齢者人口1億4500万人のうち「裕福高齢者層」が存在するが、中国人の敬老精神が支えている面も大きい。
というのは、ちょうど現在中国の高収入層の主な年齢層は30〜50代に集中し、その親は60〜80代の高齢者。自分の事業や仕事に専念する為、親への日常の「孝行」投資にはお金を惜しまない。中国ではいくらお金持ちになっても親孝行ができていない人は人々に尊敬されず社会的名誉や地位が築けない。人によっては孝行への投資は、自分の名誉と地位への投資といっても過言ではない。

「最新中国政府機構」中国ビジネス必携!スーパーガイドブック!
中国高齢者・障害者福祉「中国国際福祉博覧会」
Powered by Movable Type Pro